大泉学園駅から徒歩6分、女医による皮膚科・小児皮膚科

皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科
ひろみ皮膚科クリニック

東京都練馬区東大泉4-29-39
大泉中学校すぐ近く
TEL: 03-3925-2606

医療機関情報

医院名 ひろみ皮膚科クリニック
院 長 並河 弘美
住 所 東京都練馬区東大泉4-29-39
大泉中学校すぐ近く
診療科目 皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科
電話番号 03-3925-2606
治療機器 ナローバンドUVBイオントフォレーシス

インターネットで順番をお取りできます。

WEB予約受付サイト QRコード

治療機器について

ナローバンドUVB

当院ではナローバンドUVB光線照射器を導入し、乾癬やアトピー性皮膚炎をはじめとする炎症性皮膚疾患の治療を行っています。

ナローバンドUVBは311 nm~313 nmの波長域にピークを持つ紫外線光源です。UVB(波長域:290~320 nm)のなかで最も治療効果が高く、副作用を起こしにくい波長であるといわれています。

薬をつけたり、飲んだりする手間がなく、照射時間が短く簡便で、安全性が高く、小児や妊婦にも使用可能であり、従来の治療法にナローバンドUVBを組み合わせる事によって内服やステロイド外用の量を減らすことが期待できます。

適応疾患(保険適応)

  1. 尋常性乾癬 
  2. 掌蹠膿疱症
  3. 尋常性白斑
  4. 類乾癬
  5. アトピー性皮膚炎

治療方法

まず、テスト照射を行いMEDと言われる最小紅斑線量を判定します。測定結果は翌日に判定しますので必ず2日間連続して来院できる日にいらしてください。

MED(最小紅斑線量)の判定ができましたら、その50%くらいの線量から照射を開始します。そして、淡い紅斑がみられるぐらいまで徐々に線量を増加していきます。

原則として週に2~3回の通院が必要ですが、やむを得ない場合は週1回の通院で行います。

この治療を受けられない方

  • 光線過敏症のある方
  • 皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある方
  • 免疫抑制剤内服または外用中の方

イオントフォレーシスとは

イオントフォレーシスは、多汗症の部位を水道水に浸し、それに微弱電流を流す療法です。水に非常に弱い電気を流して生じた水素イオンが汗を出す細胞に作用し、汗を作れなくします。

重篤な副作用は通常ありませんが、稀に、肌が刺激に弱い人を中心に手のひらの肌荒れや痒み、湿疹などの副作用が起きるケースがあります。また治療中ピリピリする等の刺激感があります。急に手や足を離すと、ビリッと強い衝撃を受けることがありますので注意が必要です。

治療を行なえる部位は、手のひら、足の裏です。

治療の回数・頻度

週1回程度の通院治療をしていただきます。 汗が出なくなったら、通院治療の間隔を長くして頂いて経過をみさせて頂きます。

  • 効果を実感していただくためにも、継続して定期的に治療を受けてください。一定のペースで治療を受けないと効果が表れにくくなります。

  • 症状が重度の場合には効果が満足に得られない場合もございますので、予めご了承ください。
イオントフォレーシスの治療時間は15分から30分かかります。

治療の流れ 

  1. 診察をさせていただき、相談の上イオントフォレーシスを行う部位・時間を決めます。
  2. 手のひら・足のうらを水道水が入った容器の中に浸し、6~9mAの直流電流を流します。
    1回の通電時間は10~20分程度です。 
  3. タオルをお渡ししますので、水を拭いていただいて終了です。 
以下の方はイオントフォレーシスを受けることができません。

  1. 心臓ペースメーカーを装着している方
  2. 心臓に障害のある方
  3. 骨折などで金属を体内に埋め込まれている人
  4. 妊婦
  5. 水につける部位に湿疹や傷がある方
  6. 重度の喘息、食物アレルギーのある方

※まれに痒みや水疱、赤みを生じる方がいらっしゃいます。
※治療を中断すると症状は徐々に戻ります。 

保険適応(再診料+660円(3割の方)/1回)です。